ネットで取り寄せる新鮮野菜

>

昔と今の「お宅まで」

ネットスーパーでも十分

スーパーは、品質にこだわることが当たり前になっています。
買った物が壊れていたり、腐っていたりしていては、お店の経営にも関わってきます。
しかし、大量に仕入れて販売するから安く提供できる部分もあります。
ですから、食べるには問題はないものの、鮮度が良くないというものもあるのは不思議な事ではありません。
つまり新鮮な野菜を買う事ができるかは、私達購入する側の目利きも必要になってきます。
その点、ネットスーパーを利用すると、自分で選ぶより新鮮なものが手に入ることもあります。
画面上の商品を選択するだけで、実際の野菜を選んで持ってきてくれるのはお店の人です。
購入者が商品を選ぶことができないネットスーパーという特性から、お店の担当者は少しでも鮮度の良いものを選んでくれます。
毎日商品を見て、触れている人の目利きなら、安心ですよね。

食材の宅配サービス

食材を宅配してくれるサービスは、今ではたくさんありますね。
中には予め献立もきまっていて、下ごしらえ(主にカット)が済んだ状態で届くなんて、主婦にとっては夢のような便利が手に入る時代になりました。
当たり前ですがこういった食材宅配は、自分でスーパーに買い出しに行って下ごしらえをするよりも割高になっています。
それが、少しでもコスト高の印象にならないように、野菜は有機栽培オンリーだったり、特別な契約農家から仕入れていたりすることが多いです。
体に良いものを手軽に便利に、というコンセプトに沿って、新鮮なこだわり野菜を食べることができるので、特に忙しいワーキングママには好評のようです。
時間に追われる毎日でも、食べる野菜にはこだわりたいという、現代のライフスタイルにマッチした形ではないでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る