ネットで取り寄せる新鮮野菜

>

もっとネット通販で野菜を買おう

収穫したては新鮮

当たり前ですが、野菜は収穫してから徐々に鮮度が落ちていきます。
葉物や果実野菜などは、畑で採ったらその場ですぐにでも食べたいくらいです。
私たちが普段口にする野菜は産地直売でない限り、流通の過程を経て、スーパーなどのお店に並びます。
つまり、収穫直後より、普段食べている野菜は鮮度も味も落ちているのが事実です。
ですから、種類によっては完熟前の若い時期に収穫して、流通後消費者の手に渡る頃に食べ頃となるように工夫しているものもあります。
野菜は収穫後の保存状態によって、美味しさだけでなく栄養の損なわれ方も違ってきます。
売り手が鮮度が保てる保存方法を知っているか、また、買い手も鮮度を保つように保存できるかも大切になってきます。

近所で買えないお野菜

その地域ならではの野菜ってありますよね。
代表的なものでは、京野菜でしょうか。
その土地の気候や土壌に合った特別な品種で、他のところでは育てることが難しかったり、味が変わってしまうこともあるものです。
昔はそうした野菜を手に入れることができるのは、その土地にわざわざ赴くしかありませんでした。
家に持ち帰る距離が遠くなれば、それだけ鮮度は落ちていきます。
鮮度が落ちるという事は、味も本来の物とは違ってしまいます。
そうならないように、ネット通販を利用すれば、鮮度を保ったまま野菜を手に入れることができます。
そうして、全国の、いえ、世界中の美味しい野菜を手に入れることができるようになったのは、ネットの恩恵ですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る